グローバルとローカルの双方に眼差しを向けつつ、都市のマネジメントに携わろうとする人を育成します。

グローバル・スタディーズ領域とは

グローバル・スタディーズ領域は、正式には「都市地域社会専攻 都市地域社会コース グローバル・スタディーズ領域」といいます。文理の垣根を越えて都市を考えていく新しいタイプの大学院「都市イノベーション学府・研究院/IUI (Institute of Urban Innovation)」の1パートとして、2011年度に新設されました。
この領域では、日本にとどまらずグローバルな活動を行っている教員の下、政治学・社会学・開発学(※)・まちづくり・観光学・歴史学・文化思想等、既存の学問の諸分野が育んできた幅広い専門知識や技術を多角的に学ぶことができます。またそれによって、国や宗教同士の対立・差異といったマクロな視点を養う一方、私たちの身近な足下にある差異にもミクロな眼差しを注ぐといった、複眼的な志向に立ちながら諸問題の解決に取り組んでゆける人材の育成を目指します。
既存の狭い領域に縛られず、横断する知識と実践力を身につけ、混迷する社会や世界に新たな道を切り開いてゆくことを志すあなたにとって、グローバル・スタディーズ領域での学びは、かけがえのない転機になることでしょう。※開発学……開発途上国の抱える政治、経済、社会などの諸問題について、さまざまな角度から研究する学問。

下記のような人達がグローバル・スタディーズ領域に適しています。:
・「国際的な広がり=グローバル」と「身近な地域=ローカル」の双方に眼差しを向けつつ、各地域の特性を深く分析・理解し、ソフト面での安心・安全な環境の実現や、地域間相互交流を図ることに意欲的な人。
・これまでにない新たな「グローバル」の価値観を築き、広いフィールドで活躍することに意欲のある人。
・さまざまな学問領域にわたる幅広い学識を身につけ、既存の学問では失われかけていた「総合知」的な視点からそれらを融合・再構成することによって、多様な主体性の関わる都市や地域の創造・マネジメントに携わろうとする人。

また、グローバル・スタディーズ領域では「スタジオ教育」を積極的に取り入れています。詳しくは、「スタジオ教育の魅力」のページをご覧ください。