• トップ > ニュース > 鎌原勇太准教授の論文がMathematical Social Sciencesに掲載されました。

2018年5月15日

カテゴリー:研究成果


鎌原勇太准教授の論文がMathematical Social Sciencesに掲載されました。

鎌原勇太准教授が、和田淳一郎教授(横浜市立大学)と執筆した論文、”Studying Malapportionment Using α-Divergence” が Mathematical Social Sciences誌のVol. 93に掲載されました。
これまで和田教授によって数学的・幾何学的にモデリングされてきた一票の格差の測定方法に関して、そのモデリングを一般化し、各国のデータを用いて適用した研究です。

詳細はこちら