• トップ > ニュース > イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第6回 グローバルスタディーズ・プログラム開催報告

2014年8月26日

カテゴリー:イベント情報


イクメン人類学の可能性 GSフォーラム第6回 グローバルスタディーズ・プログラム開催報告

グローバルスタディーズ・プログラム大学院版調査報告会が、8月21日10:00~11:00に横浜国大第一研究棟319にて行われました。

「育児する男をつくれ」制作の現場を参与観察してみえてくるものはいったいなにか。

  HP用1      HP用2

トロント大学大学院人類学部のNicholas Feinigさんによる報告でした。