2014年2月10日

カテゴリー:イベント情報


GS(グローバルスタディーズ)フォーラム・第4回のお知らせ「地中海の『声の文化』―ポリフォニー」

「ワークショップ:地中海の『声の文化』―ポリフォニー―フランス南部編」を開催いたします。

学休期間中ですが、万障お繰り合わせのうえ是非ご参加ください。

第1部 ポリフォニー・グループ 「ル・クワール・デ・ラ・プラーノ」 コンサート

第2部 トーク―地中海の「声の文化」―ポリフォニー―フランス南部編
―ポリフォニー・グループ「ル・クワール・デ・ラ・プラーノ」とともに―
①南仏ミュージックについて(沖淑子)
②オクシタン語について(佐野直子―名古屋市立大学)
③コルシカ島のポリフォニーについて(長谷川秀樹―横浜国立大学)
④「ル・クワール・デ・ラ・プラーノ」への質問とフリートーク

開催日時・場所
日時:2014(平成26)年2月28日(金)15時より (第2部は17時より)
場所:第1部―横浜国立大学常盤台キャンパス図書館メディアホール
(附属中央図書館1F、カフェShoka隣り)
第2部―同キャンパス教育人間科学部講義棟6号館201教室(仮)
(第1部会場から徒歩1分のところにあります)
入場無料(座席予約等は行っていません)

お問い合わせは cyrnea25@ynu.ac.jpまで(@の前の部分はアルファベット小文字でCYRNEA、その次に数字の25です)
(長谷川秀樹:横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授)
「ル・クワール・デ・ラ・プラーノ」Lo Còr de la Plana。
マニュ・テロンが中心となり結成された南仏マルセイユを拠点とする五人組のポリフォニー・グループ。南仏のオクシタン語で伝統歌・聖歌・民族歌からポップな音楽まで歌う独特のスタイル。初来日だが、2011年にはNHKの音楽番組(BSプレミアム)「Amazing Voice」で取り上げられている。マルセイユの下町プラナ地区を活動拠点にしながらも、フランス全国やヨーロッパ中でも多数ツアーを行い、多種多様なミュージシャンとのコラボレーションにも積極的である。

グループ紹介ページ(銀座王子ホールHP)https://www.ojihall.jp/concert/lineup/2013/20140227.html

(コンサートサービスHP)http://concert.co.jp/artist/LO_COR_DE_LA_PLANA/

 

2014年2月3日

カテゴリー:イベント情報,ニュース


2月4日 修士論文発表会をおこないます!

2013年度に修士課程(博士課程前期)修了を目指す学生たちが、2月4日に修士論文発表会をおこないます。

修士論文の題目は以下のようになります。

・「もうひとつの郊外」における公共性の生成-1960~80年代の平塚における連帯の実践と衝突、せめぎあいを通して

・ジャカルタにおけるセックスワーク-構造的制約の中での女性たちの「選択」

・震災復興とコミュニティの再編-岩手大槌町の事例から

・中国社会転換期における「80後」世代

・韓国社会における高層マンションの位置づけ

・中国における「剰女」現象に関する解析-メディアとジェンダーの視点から

・日系企業における女性農民工の恋愛・結婚意識-大連を事例に

・現代中国社会の専業主婦について

・「婚活」ブームから見る現代日本と中国における結婚観-「街コン」と「テレビコン」の分析を中心に